読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HappyIslandの苦悩

自転車トレーニングの記録

11/15(日)

温泉ライダー in 喜連川に参戦.

今回はカトちゃんが出られないので,僕とキャップの2人.

前日からの雨天が続き,現地入りしてもまだ雨天.

スタートまでに止む予報ですが...

とにかくWetに弱い私.

このレースは第一スティントで8割方勝負が決まる.

キャップもWetに強くは無いそうだが,そこはもと全日本学生ダートラチャンプ.

僕よりはマシでしょう.

ということで,当初僕がスタートする予定でしたが,キャップに交代.

スタート直後が厳しいことはわかっていたけど,やっぱり速い.

Wet路面もあってキャップ遅れ気味.

2Lap程度で先頭集団からは千切れてしまう.

その後先頭から切れた第2集団ができ,我々は第3集団で落ち着く.

この時点で勝負はかなり厳しい.

後は1ストップ作戦にかけるのみ.

だが第1,第2集団のペースが速くて差がどんどん開く.

仲良く半分に割って,2時間半で交代.

ここから僕.

最初は適当に.

ほどなくクロサワさんを含む数名のトレインが現れたので,これに乗っかる.

30分くらい乗ってると,先頭集団にラップされる.

今度は迷わずこれに乗っかる.

多分コース上の最速トレインだろう.

無線の調子が悪くて,甲村さんが何かを言っているが,うまく聞き取れない.

なんだから調子が良くて,まーまー付いていける.

4時間半経過.

このまま行けそう.

今何位なんだろう??

と思った矢先イシハラ君攻撃開始.

きちーーー.

ナカノさんともう一人とゲストのカワイちゃんだけ付いていった.

頑張ってブリッジを試みるも,パワーをかけると案外脚にきていて,攣りそう.

残30分.

一人旅.

きちー.

ポジションは6位だった.

30分の間に6位を奪われてしまったようだ.

残念.

やはり第一スティントでほぼ決まり.

ここで集団にできるだけ長く付いていけないと,第二スティント以降の巻き返しは厳しい.

でも,楽しかったです.

また来年も頑張ろう.